山崎夕貴アナウンサー 撮影/渡邉智裕

ここまで毎日落ち込むのは新人以来です。夢でうなされ、起きたときは夢なのか本番中なのかわからないときもあるんです~

 深刻な悩みをそう明るく話してくれたのは、フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(30)。

 入社9年目で、最近は『好きな女性アナウンサーランキング』の常連でもある。

 朝の情報番組『とくダネ!』に異動してから1か月がたったが、毎日担当する15分のコーナー「NEWSヤマサキ調べました」の重圧が半端ではないという。

「3月まで担当していた『ノンストップ!』では、明るい話が多く芸人さんへの切り返しなどが求められていました。でも今の番組は、政治や事件ネタも多く、それらの事実関係を勉強したうえで、自分なりのプレゼンもしなくてはならないので、鍛えられますがとても大変です」

 そんなテンテコマイな山崎アナを支えるのは、3月に結婚したばかりの芸人・おばたのお兄さん。

 当初は、新婦のほうが知名度があり、「格差婚」「大丈夫?」との声もあったけれど……。

精神的に落ち着いたので、結婚して本当によかったです。彼も仕事で帰りが遅いことが多いのですが、私は家事が苦手なのでほとんどやってくれます。奥様が専業主婦のサラリーマンのように仕事に集中できます。今では、“いい人を捕まえたね”と先輩から言われますよ。ウフフフ」

 “見る目”があることを見事に証明した山崎アナ。これからもその視点で、多くのニュースを紹介していくことになりそうだ。注目!