(左から)タモリ、明石家さんま、ビートたけし

 独立、借金、番組終了。芸能生命を脅かす窮地に陥っても潰れない理由とは!? “逆転勝利”の極意に迫る!

「並のタレントなら、芸能生命が終わっていてもおかしくないような大ピンチを何度も笑いで乗り切ってきたからこそ、彼らはテレビの最前線をキープし続けることができ、今も多くの尊敬を集めているんです」 

 芸能ジャーナリストの渡邊孝浩氏が、こう称賛するのは、ビートたけし(71)、明石家さんま(62)、タモリ(72)の“お笑いBIG3”の3人のこと。

“死にかけ”から復活を遂げたたけし

 まずはたけしだが、3月に「オフィス北野」からの独立騒動が勃発。偉大なる芸人にして世界的映画監督の晩節を汚す大ピンチではとも危惧されたが、ここへきて、急速に収束へと向かっている。

「たけしは新会社『T.Nゴン』で再出発、たけし軍団はオフィス北野に残って活動を継続ということで話がついていたはずが、4月1日になって、たけし軍団が、たけし独立は森昌行社長の会社の私物化が原因とする内容の「声明文」で、森社長の裏切り行為を糾弾

 すると、これに森社長が週刊誌上で徹底反論。泥沼化確実と思われていましたが、4月9日に森社長が改めて、たけしに謝罪。軍団は当初の予定通り、オフィス北野でともにやっていくことで、再び合意したようです」(芸能記者)

 『生き残る芸能人のすごい処世術』(KKベストセラーズ)の著書もある芸能リポーターの城下尊之氏は、

「窮地を救ったのは他ならぬ、たけしさんご自身でしょう」と、こう語る。

「人のカツラや薄毛をイジってネタにするのに、自分のことに口を閉ざすのでは、筋が通らないことをよく分かっていらっしゃいますよね。

 自分の番組やイベントで、逃げることなく独立についての質問に答え、しかも本音を語りつつも、たけしさん流のギャグにしてくれました。そんなたけしさんの前に、軍団も森社長も矛を収めるしかなかったんでしょう

 確かに、この騒動の中にあって、たけしのギャグはさえにさえていた。4月7日、レギュラーを務める『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)では、番組冒頭、両手を使ったジェスチャーとともに「独立!」とおどけてスタジオの出演者をのけぞらせた。