メンバーについては「よく会って話しています」と語っていたが……

「グループ名をもじって“放牧宣言”と銘打った彼らですが、当初は1年ほどの予定だった休止期間がいまだに続いている状態です。ファンは復帰を待ちわびているのですが……」(レコード会社関係者)

 昨年1月に突然活動休止を発表した3人組音楽グループ『いきものがかり』。現在は、それぞれの活動に専念しているが、ボーカルの吉岡聖恵が今夏にカバーアルバムを出すという情報をキャッチ。3月に彼女を直撃すると、

「いや、その予定はないです」

 と否定していた。だが、着実にソロ歌手としての地盤を固めているようだ。

「4月末に中島みゆきさんの名曲『糸』のカバーを配信リリースし、本格的なソロ活動を開始させました。今後、露出も増やしていくようです」(前出・レコード会社関係者)

 しかし、ソロ活動に力を入れているのは吉岡だけというわけではない。

「グループのリーダーを務め、いきものがかりの名曲の多くを作ってきたギターの水野良樹さんも、他アーティストへの楽曲提供などを精力的に行っています。5月2日に配信されたシンガー・ソングライターの家入レオさんの新曲にも、作曲で参加しています」(別のレコード会社関係者)

水野本人に聞いてみると……

 そんな水野の活躍のウラには、とある人物の支えがあるのだという。

「コンテンツプロデュース事業の会社を興したS氏という男性が、水野さんの活動をマネージメントしています。もともと吉本興業でナインティナインなど、大物芸人のマネージャーを担当していた敏腕で、その後、独立して今の会社を起業。さまざまなクリエイターをプロデュースしています」(広告代理店関係者)