チャンソン(From2PM) 撮影/廣瀬靖士

ソロ活動が始まると決まったとき、すごくときめきました。その一方で、何をすればいいのかなという心配もあって。いろいろな気持ちが共存していました」

 素直に思いを語ってくれた大人気グループ、2PMのCHANSUNG(28)。これまでソロ作品を発表してきたメンバーのJUNHO、Jun.K、WOOYOUNG、TAECYEONに続き、ミニアルバム『Complex』(5月23日発売)をリリース。

「Complex(コンプレックス)には、複雑なとか、総合的なという意味がありますよね。僕自身、画一的な一面だけではない人間として生きているという認識があるんです。そういった自分の多面性を、それぞれに違う表情を持つ収録曲で表現し、ひとつにまとめたのが今回のアルバム。なので、Complexというタイトルが合うんじゃないかなと思って」

 6人ではなく、初めてひとりで行ったレコーディングや、ソロコンサートの準備。

ひとりで全部こなしていくことに、まだ慣れていなくて。2PMのレコーディングでは、すごく早いと1曲1時間ほどで終わってしまうこともあったんです。でも、今回は、1時間じゃ全然足りなくて。まだある、まだあるっていう感じでした(笑)」

 曲をつかむのに特に苦労したと語ってくれた、去っていく女性を歌う『Fading Away』と、恋しい気持ちを綴った『夜に』。Fading Awayには、薄らいでいくという意味があるが、このごろ、愛を注げなくなっているものがあるかと聞くと、

「ゴルフの情熱がちょっと(笑)。最近、忙しすぎて、ゴルフのことを考える間もないんです。少し前なら、“もうちょっとうまくなりたい”という思いがあったんですが、その情熱もなくなってきました……」

 一緒にコースを回ることもあった、ゴルフ好きなメンバーのニックンさんからお誘いはない?

「あるんですけど、時間が合わなくて……。行きたい気持ちはあるんですよ、気のおけない仲間と行くゴルフは本当に楽しいので」

 と、ちょっぴり悲しそうな表情。