加山雄三

「幸せだなァ 僕は君といるときが一番幸せなんだ」

 船上の加山雄三はこれまで何度、このセリフを言ったことだろう。

 4月1日に自身の“愛船”『光進丸』を火災事故によって失った加山。1週間後の9日に予定していたコンサートを延期するほどに、かなりのショックを受けたという。

「死傷者が出なかったことが不幸中の幸いでしたが、船は加山さんの代名詞であり生きがい。会見でも“相棒が消えていく”“半身を失ったぐらいつらい”と心情を吐露していました。新造船についても“考えられない”と再度、船上の人となることをためらっているようでしたね」(芸能レポーター)

 そんな加山が船に乗る。7月7日から2泊3日で催行予定の『若大将クルーズ』に同行するのだ。客船『飛鳥II』によるクルーズツアーは、今年で開催10回目を迎える記念ツアーでもある。

加山雄三さんが名誉船長としてご乗船なられて、2日目の日にスペシャルコンサートを船上でしていただくことになります。

 ステージの合間にトークもされると思いますが、それ以外には名誉船長による船内放送などがイベントとして行われます

 そう話すのは、『若大将クルーズ』を含む『飛鳥クルーズ』を企画・運航する郵船クルーズ株式会社の担当者。

 『若大将~』は、昨年12月の販売開始時点で客室はほぼ埋まった人気ツアーだそう。加山は名誉船長として乗船し、乗客定員870人を誇る日本最大のクルーズ客船を“預かる”ことになるのだ。とはいえ、もちろん彼が舵を取るわけではない。