主演の坂口健太郎

 フジテレビ系で毎週火曜、夜9時から放映されている『シグナル 長期未解決事件捜査班』は、謎の無線機を通じて“現在”と“過去”の刑事が長期未解決事件を解き明かすヒューマンサスペンス。

 韓国で大ヒットしたドラマを日本版で制作し、主演は、テレビドラマ初主演の坂口健太郎。

“坂口らしさ”は封印して

「視聴者の方の熱中ぶり、応援コメントの多さなどの反響について出演者とも話していて、撮影現場のモチベーションも上がっています」

 と、制作を手がけた関西テレビの萩原崇プロデューサー。

 坂口演じる主人公の三枝健人は、長期未解決事件捜査班の刑事。幼いころのトラウマから警察を全く信用していないが、兄を死に追いやった事件の真相解明をしたいという熱い思いを秘めていた。

 そんなある日、偶然、手にした無線機で健人と同じ事件を追う刑事・大山(北村一輝)と交信するように。大山は20年前の“過去”に生きている刑事。健人は、大山と協力して事件を未然に防ぎ、事件そのものを消滅させてしまっていた。

人柄のよさがにじみ出ている坂口さんには、健人を演じるにあたり“坂口さんらしい雰囲気と笑顔を封印して演じてください。苦境を生き抜いてきたひとりの男の顔が見たい”と、お願いしました。結果、大成功です!

 人を幸せにする笑顔が魅力の坂口さんですが、不幸な境遇を演じたらピカイチの俳優でもある。この先も、どんどん不幸な境遇の役を演じてほしいくらいです(笑)。大山役も北村さんが原作より熱く、泥臭い感じに演じてくれています」(萩原P、以下同)

 過去と現在が絡み合い、場面も時代を行き来するのが今作の特徴だが、視聴者が混乱しない工夫も。