朱野帰子さん 撮影/北村史成

 主人公は、たとえ同僚や上司が修羅場に直面していたとしても、18時の定時帰宅を貫くIT企業勤務の結衣。かつての婚約者が同じ会社に転職してきたり、上司がむちゃな要求を平然としてくる人間に代わったりと、結衣の定時退社が危機にさらされる状況に陥ってしまうのだが──。

働きたくない主人公がいてもいいのでは

 朱野帰子さんの新作『わたし、定時で帰ります。』は、絶対に残業しない会社員を主人公に据えた、新しいタイプのお仕事小説だ。

「3年ほど前に、担当編集者さんから“会社の困った人のお話を書きませんか?”とご提案をいただいたんです。これまで潜水調査船のパイロットなど特定の職業に関する小説は書いてきたのですが、実は普通の会社員の話を書いたことはないんです。

 職業の紹介をすることもなく、特定の職業の特殊な状況もない中でなにを書けばいいのだろう、とはじめは戸惑いました」

 朱野さんは、担当編集者との会話を通して物語のテーマをつかんでいったという。

「私は以前、会社員だったのですが、担当さんはゆとり世代の売り手市場、私は就職氷河期世代の買い手市場で入社しているんです。私は“頑張らないと会社にいさせてもらえないといった恐怖心が原動力となって働いていたところがありました。

 でも、そういう働き方は、下の世代からはちょっと異常に見えるということがわかったんです。それに気づいたことで、普通の会社の働き方に関する物語にしようと思いいたりました」

 朱野さんは当初、かつての自分のような頑張る主人公を想定していたのだという。

「自分がきまじめな性質なもので、主人公もまじめなキャラクターでなければならないという思い込みにとらわれていたんです。でも、別の担当さんに“主人公はあまり働きたくないタイプでもいいんじゃないですか”とアドバイスをいただいたことで、新たな視点が開けました