松田凌 撮影/森田晃博

 ’91年にトニー賞3部門を受賞した『シークレット・ガーデン』が、ついに日本人キャストで上演される。ミュージカルファン待望の本作には豪華キャストが集結。その中で新鮮さが注目を集めているのが、ディコン役の松田凌さんだ。ミュージカル『薄桜鬼』など、2.5次元の舞台で歌やダンスを披露した経験はあるが、海外ミュージカルは初めて。

「オリジナルミュージカルにも何作か出演していますが、たまたま僕はあまり歌わない役柄でした。でも素晴らしい歌声で客席を魅了されている共演者の方々を間近で見て、“自分もいつか”と憧れを抱いていたんです

 その憧れを現実のものにするため、松田さんが本作のオーディションに挑んだのは1年ほど前のこと。

「正直、自分では受かると思っていませんでした。その前に歌唱指導を受けてはいたんですが、ほかのみなさんの歌を聴いて“ミュージカルへの意識が足りなかった、もっとちゃんと準備してから挑むべきだったな”と申し訳ない気持ちになっていたので。でも“この作品に出たい”という熱意、その伝え方は誰にも負けていなかったと思います。それに芝居の審査のとき、僕はディコンという役にすごくフィットできた気がしたんです

 ディコンは草花と親しみ、動物と話せる不思議な青年。初演では『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェルが演じた役だ。

「物語の中で“鍵”が重要な要素になっているんですけど、ディコンは少女メアリーを導く、まさにキーマンですね(笑)。僕はとにかく柔和に演じたかった。運よくこのキャラクターと僕との間に近しいものがあったんだと思います。台詞を言うときにも違和感がなく、すごく楽しかったから

「違和感のなさ」は松田さんにとって、作品自体の魅力でもある。

「この作品ってファンタジーではあるんですけど、そこで起こることは何もかも、まったく違和感を感じないんですよ。ディコンという青年も純粋で半分、妖精みたいな存在ですけど、どこかにいるんじゃないかって思える。僕はひねくれたところがあるので、ただ美しいよりも毒味のあるもののほうが好きなんですね。シェークスピアが『マクベス』で書いた“汚いはきれい、きれいは汚い”みたいに、“汚いものがきれいに見えることだってあるのにな”なんて思いがちなんですけど、そんな僕の心さえ洗われました(笑)