静香に連れられ、長女とフルートのコンクールに参加したKoki('13年10月)

 15歳の新人モデルが世の中をざわつかせている。

 5月27日に発売された『ELLE JAPON(エル・ジャポン)』(7月号)の表紙を飾った一人の少女。

 彼女の名前はKoki(コウキ)という。『エル・ジャポン』の表紙には《エル独占! 注目の新人モデル》という文字が添えられていたが、誌面では彼女の両親が誰かについては触れていない。しかし、この少女がただの新人モデルではないことが、その日のうちに広く知れ渡ったのである。

 マスコミは大騒ぎ。それもそのはず、彼女は木村拓哉と工藤静香の次女『光希』だったからだ。

「木村と静香の子どもに関しては、生まれたときからなにかと話題に上がっていました。そういえば長女は静香似で、次女は木村似と言われていましたね。姉妹で音楽の道に進むとの報道もありましたが、次女がいきなりモデルデビューですから、驚いた人は多いでしょう。しかも雑誌の表紙ですよ」(スポーツ紙記者)

 単にモデルで、ショーやグラビアに登場しただけでは、ここまで注目はされなかっただろう。表紙というのが大きいのだが、それよりもやはりあの“木村拓哉・工藤静香”の娘ということが最大のポイントなのは言うまでもない。

 話題にならないわけがないだろう。

もしKokiの両親が誰か知られなかったらーー

 そこで気になるのは、もし彼女の親が二人だと知られていなかった場合、これほど反響があったかどうか? なのだが。