尾上右近 撮影/廣瀬靖士

現代劇に挑戦したい
気持ちが強くなって

 昨年、スーパー歌舞伎II『ワンピース』でケガで降板した市川猿之助さんに代わって、主役のルフィを務めあげ注目を集めた尾上右近さん。人気上昇中の歌舞伎界の新鋭が、翻訳現代劇の舞台に初挑戦する。

 その注目作は、’12 年にピュリッツァー賞戯曲部門賞を受賞した『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル~スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ~』。G2による翻訳・演出で7月に日本初上演となる。現代劇に挑戦したかったという右近さんに、熱い思いを聞いた。

「いずれ出させていただきたいなとは、ずっと思っていたんです。『ワンピース』や新作ものに出演させていただいたことで、テレビに出させていただく機会もぼちぼち増えて、歌舞伎以外の世界に触れるなかで、いろいろな要素が今後、必要になっていくと感じて。自分の引き出しを増やしていくことも考えたうえで、現代劇に挑戦したいという思いが強くなっていた矢先に、この機会をいただいて渡りに船でした」

 インターネット時代におけるドラッグの問題を扱った社会派の人間ドラマ。右近さんは台本を読んで「劇的じゃない劇」だと思ったという。

「激しく起承転結があるわけではなく、日常がそのまま劇化されたような作品という印象を受けました。薬物の問題や戦争の問題など、現代アメリカの問題を抱えながら向き合っていく人々の話で、すごくリアルな演劇だなと思いましたね。翻訳劇ですから日本人の話じゃないけど、自分が共感できるっていうのは、演劇って人の心について共感したり考え直したりとか、そういうものなんだなというのを実感しました。いつの時代になっても、人の心のつながりが人を支えていくっていうことこそが、何よりこの作品のいちばんの見どころだと思いますね。初現代劇として挑戦しがいがあります」

 右近さん演じる主人公エリオットは、幼いころに実母からネグレクトを受けて育ったトラウマを持ち、成長してイラク戦争に参加したときに負った負傷が原因で、モルヒネ中毒になった過去を持つ青年。

僕と同い年の25歳なんですけど、なんか大人な部分と子どもな部分のバランスの悪さみたいなものを感じます。あまり自分のことを話さず、問題を表に出さないで抱えて生きているところは大人だけど、母親に対する当てつけのような態度や従姉にはすごく甘えるところは子どもで。僕も歌舞伎という世界の中ですごく大人になっている部分もあると思いますけど、それだけをやってきたから社会的な常識に欠ける部分もあるし、偏っているなと自分でも感じる部分はたくさんあるので。つい甘えちゃうんで、そこは共感する(笑)」