女優を目指したきっかけは、新聞に出ていた新人募集の記事を読んだことだったという

「私はいま、昔の撮影現場や監督さん、俳優さんのことを話し伝える語部(かたりべ)なんですよ。あちこちに出向いて話をしています。だから、けっこう忙しいんですよ」

 優しい笑みを浮かべながらこう語るのは、女優の香川京子。'50 年に公開された映画『窓から飛び出せ』でデビューを飾った後は数多くの作品に出演。今でも映画だけでなくドラマや舞台、CMなどで活躍を続けている。

 そんな彼女は今年、女優生活70年を迎え、それを記念して『凛たる人生 映画女優 香川京子』(ワイズ出版)を上梓した。

名監督と中華料理屋でバッタリ

 くしくも、今年は名監督として名高い、小津安二郎監督の生誕115周年に当たる年。

 香川は小津監督の代表作と言われる『東京物語』に出演しているが、彼と初めて出会った日のことを鮮明に覚えているという。

「監督さんがひいきにしていらした銀座の中華料理のお店に、私が映画会社に勤める叔父と一緒に行ったところ、たまたまいらっしゃっていて、叔父が紹介してくれたのが初めての出会いでした」

 そのときは挨拶だけだったというが、後に『東京物語』の出演オファーが来る。巨匠の作品に出演できるということで感激もひとしおだったと思いきや、意外にも、

「小津監督は“大監督”でいらしたけれど、正直言ってあまりよくわかりませんでした。私は原節子さんに憧れていて、原さんとご一緒できるということがうれしかったんです」

『東京物語』では、憧れだった原節子さん(写真右)との共演が実現(c)1953/2017松竹株式会社