※写真はイメージです

 婚活ブームの火つけ役、少子化ジャーナリスト・作家の白河桃子さんは、イマドキの結婚したい男女について「需要と供給のバランスが悪すぎる」と警鐘を鳴らす。

非現実的な“優良物件”を求めがち

 明治安田生活福祉研究所の調査によると、結婚相手に求める年収として、未婚女性の約5割が500万円以上、約3割が600万円以上を望んでいるという。

「ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で星野源さんが演じた、平匡さんのような男性に憧れるのはわかりますが、“年収600万円以上の30代未婚男性”に該当する彼は、20~30代男性のうち、11・8%しかいないということが明らかになっています。なのに、多くの女性が“優良物件”を求めてしまう

 では、より現実的な400万円まで下げると?

「30代未婚男性では約37%ですが、20代では約15%にすぎない。今の時代は妻を養える、または養う気のある男性の数が少なすぎるのです。

 加えて未婚女性の9割が、子育てをすることで仕事ができなくなってしまうのではないか、と仕事と子育ての両立に不安を覚えています。不安を解消してくれる男性を求めるのは当然。結婚が生存戦略である以上、そのギャップは埋まらないでしょう」

 同研究所の「結婚をコストパフォーマンスで考えたことがあるか?」というアンケートに対し、20~40代の未婚男性の38%、女性では45%が「考えたことがある」と回答しているように、損得勘定と結婚は切っても切れない関係。

男性が家計を支える大黒柱型の結婚は崩壊しています。子育てをしながら女性が共働きという選択をした場合ですら、パートで100万円程度しか稼げない人が多い現実がある。

 育児、家事に加え、仕事まで背負うとなると、あまりに女性の負荷が大きすぎますし、女性が専業主婦を選んだ場合、男性の年収は1200万円以上でなければ成立しないというデータもあります。コストパフォーマンスで考えてしまう人が多いのも無理はありません」