小出恵介

《これからは新たな環境に身を置くことになりますが、初心に戻り、自らを律しながら色々な経験を積んで視野を広げ、少しずつ歩んで行ければと思っております》

 6月4日に、所属事務所を通じてこうコメントしたのは、俳優の小出恵介。契約期間満了に伴う円満退社を発表した。

謹慎中の夜遊びが原因か

「昨年6月、写真週刊誌で大阪在住の17歳の少女との飲酒、淫行が報じられました。示談は成立したものの、そこからは無期限謹慎となっていました」(スポーツ紙記者)

所属事務所を通じて送った契約満了に伴う退社についてのコメント

 謹慎中は事務所から出された課題や読書を行うなど、まじめな姿も報じられていた。

「役者としての評価は高かったので、いくつかオファーの声がかかっていたといいます。事務所としても、18歳から15年以上所属していた彼は功労者。いつかは復帰させたいという青写真は描いていたようです」(芸能プロ関係者)

 残念ながら契約更新には至らなかったが、どうやら謹慎期間中の行動も影響しているようで、

「一時期、東京を離れて小豆島で暮らしていたそうです。島では寺院の手伝いや、農業を行っていたとか。しかし、島内で恋人をつくったり、福岡県内のバーでの夜遊びがウワサされたことが。“謹慎中の夜遊びが反省していないととられて、契約延長できなかったのでは”とも言われています」(ワイドショー関係者)

 もうひとつ小出の復帰に大きくブレーキをかけたのが、4月末に報じられた、あの大騒動だったという。