目黒の自宅前で週刊女性の取材に答える王さん(13年)

「今年に入って解体工事が始まり、更地になってしまいました。'77年に756号のホームラン世界記録を達成したときは、自宅前に子どもたちがあふれかえっていたんですよ」(近所の住民)

 500平方メートルを超える敷地で土地だけでも5億円はくだらないという目黒区内の“ホームラン王”御殿。そこを、福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長は今年1月に水面下で売却していた─。

すでに更地になっていた目黒の自宅。その広さが際立っていた

 王さんは6月1日、18歳年下のA子さんとの再婚を発表。実に同棲10年を経ての入籍だ。

「現在、王さんは生活拠点を福岡市内に置いています。ソフトバンク球団の会長であるからという理由はもちろんですが、奥さまが寂しくならないよう、彼女が生まれ育った土地で暮らすそうです。名取裕子さん似の和服が似合う美人ですよ」(地元紙記者)

 ふたりが暮らすマンションは福岡市内の閑静な住宅街にある。最上階にある約100平方メートルのペントハウスで、'09年から一緒に住んでいる。

「福岡に来たころは単身赴任だったので、球団がお金を払って自宅を用意していました。ですが、A子さんと一緒に住むようになると、“同棲するのに球団のお金じゃ住めない”と、王さんが自腹でマンションを購入したのです。そのころから、福岡を“終の棲家”にするつもりだったのではないでしょうか」(球団関係者)

恭子夫人の葬儀では人目をはばからず涙した王さんと理恵('01年)

 王さんといえば、'01年にプロ野球人生を支えてきた前妻の恭子夫人をがんで亡くしている。しかも、翌年には墓が荒らされ、遺骨を盗まれる悲劇も。また自らも'06年にがんを患い、胃を全摘出。心身ともにつらいころに出会ったのがA子さんだった。

「'09年に腸閉塞と胆のうの手術を都内で行ったのですが、A子さんは献身的に看病していました。もちろん、3人の娘たちも父の看病に来ていたのですが、特に当時は独身だった次女の理恵さんとA子さんが交代で看病をしていましたね」(王家に近しい人)