『耳打ち〜愛の言葉〜』 (c)SBS

「キャラクターが、ものすごく男らしくてとても気に入りましたし、イ・ボヨンさんがキャスティングされていたので無条件にOKでした 」

 韓国ドラマ『耳打ち~愛の言葉~』への出演を決めた理由を語ったイ・サンユン(36)。家族愛を描き大ヒットした、韓国の国民的ドラマ『いとしのソヨン』のベストカップルが、約4年ぶりに共演することでも話題になった今作。

『いとしのソヨン』のときは、サンユンさんよりも先輩の俳優として、私が引っ張っていく感じが大きかったんですが、今回は、逆にサンユンさんを頼りながら撮影に臨みました

 と、相手の成長を語ったイ・ボヨン(39)。一方のサンユンも、

「イ・ボヨン先輩は、どんな話でも気楽に話せる相手だと思っています。僕が話したことを先輩がどんなふうに受け止めてくれるか、逆に先輩から話をされたら、どんな意図があるのかがわかるんです」

 まさに“ベストパートナー”のふたりだが、今作で演じる判事・ドンジュン(イ・サンユン)と女刑事ヨンジュ(イ・ボヨン)との出会いは、法廷。ある陰謀によって追い込まれたドンジュンが、無実のヨンジュの父に有罪判決を下してしまう。父の冤罪を晴らすため、ドンジュンに近づいていくヨンジュ。最初は敵対していたふたりだが……。

最初に、一般的なラブストーリーとして考えたとき、キスシーンがこういうふうに演出されてもいいのだろうかと疑問を感じました。でも、それが脚本家のパク・ギョンス先生式のラブストーリーだったんです」

 真の敵がわかり、仲間となって向かっていく中、互いの傷に触れることで惹かれ合っていくふたりについて語るサンユン。ボヨンも、

「これ以上、逃げられないところまで追いつめられた人物がお互いに憐れんで慰め合う恋愛感情だと思います。この作品の見どころは、たび重なるどんでん返し。“ドラマを見ている間は誰も信じちゃいけない”という言葉を思い浮かべてご視聴いただくと、より楽しめますよ 」

 次々に状況が変化していく緊張感あふれる展開と、大人の切ない恋が描かれている今作。ラストにどんな愛の言葉が待っているのかは、見てのお楽しみです。