宮沢りえ

 繁華街の喧騒から離れた住宅街にひっそりと佇む小さな一軒家レストラン。白を基調にした店内に、黒く塗られたレトロな木製テーブルは洋風ながら、どこかアジアンテイストな雰囲気を感じさせる。

インスタ映えする料理

 昨年オープンし、瞬く間に美食家たちの間で話題を呼んだベトナム料理店『Y』。6月上旬、日曜の夜とあって満席の店内に現れたのは、宮沢りえと森田剛夫妻だった。

「ふたりともマスクもせずにお店に入ってきたので、びっくりしました。個室のある2階へと上がっていきましたが、人目を気にすることなく落ち着いた夫婦って感じでしたよ」(居合わせた客)

 有名料理研究家が監修したという店のメニューは、本場ベトナムの家庭料理と謳いながらも野菜がふんだんに使われたヘルシーなもの。

名物の揚げ春巻き

「きれいに盛りつけられたインスタ映えする料理は、化学調味料が使われていなくて野菜もたくさんとれるので、女性のお客さんがほとんどですね。料理に合うビオワインもたくさん取りそろえているので、ワインがお好きなりえさんがお店をチョイスしたんじゃないかしら」(常連客)

 今年3月に結婚を発表したりえと森田。りえには前夫との間に9歳になる長女がいるが、今年に入って、ファミリータイプのマンションで親子3人での新生活を始めたことを週刊女性が報じている。