井の頭公園の空撮(都心と吉祥寺)

 今時、離婚は珍しくない。2016年の婚姻件数は約62万組だが、離婚件数は約22万組である。役所に届けられる離婚届は、婚姻届の3割に相当する。

 ただし、結婚した夫婦の3組に1組が離婚すると思ったら、それは早合点だ。

 20代、30代の人が占める割合は、1995年当時は28%だったが、2016年現在では22%になった。結婚適齢期の人の割合が減っており、それだけでも婚姻件数は減る。離婚届と婚姻届の割合を見ても、それが離婚率を表すわけではない。

 離婚率の母数は、婚姻届の数ではなく、“配偶者がいる人”にすべきである。2016年の離婚件数は約21万7000件だが、配偶者がいる人は約6,260万人で、1年間に0.69%の夫婦が離婚している計算になる。

(*ちなみに、統計上の「離婚率」は人口千人あたりの離婚件数で表される)

 この「離婚率」で比較すると、沖縄県が1.19%と群を抜き、逆に、富山県、新潟県、山形県、秋田県、島根県、福井県が0.55%以下と低い。日本海側が低く、沖縄はその2倍以上だ。どうやら離婚率には地域性がありそうだ。

 東京都の離婚率は0.78%と比較的高いが、市区町村別に見るとバラつきがある。山手線の沿線は1%前後で高く、その内側にある文京区が0.71%と低い。どうやら、繁華街があるところでは高く、住宅街になると低くなるらしい。

 また、足立区、江戸川区など、荒川と江戸川に挟まれた城東エリアは、東京西部に比べて明らかに離婚率が高い。それはなぜか?

 城東エリアの区は、犯罪発生率や、平均年収の低さなどのネガティブな項目でランクインする。犯罪発生率も、平均年収の低さも、個別には離婚率との相関関係はないが、これらの項目で上位に入ることで、住宅地としてのブランド力が下がる。そして、この数値化が難しい「ブランド力」が、離婚率と関係しているように見えるのだ。

 ブランド力のある地域に住んでいる世帯は、生活に対する満足度が高く、家族も円満なのかもしれない。また、世間体を気にして、離婚に踏み切らないのかもしれない。

 日本海側の各県で離婚率が低かったが、この地域は3世代家族が多い。子育てのしやすさが満足度につながるのか、「家」や世間体を気にして離婚しないのか。いずれにしても、東京の人気エリアと共通項があるように思える。