1試合目はブラックのユニフォームで渋くバッティング(その1)

 今年3月で68歳となった舘ひろし主演の映画『終わった人』が、6月9日に公開されるや早くも3億円に迫る興行収入をあげている(6月17日時点)。

本作は定年後の人生をどう生きるかを描いたコメディー。『あぶない刑事』シリーズ(日本テレビ系)のプロデューサーが『あぶ刑事』を定年退職した舘さんにと企画し、舘さんも“彼の頼みなら”とダンディーなイメージを一新する今作に挑んでいます」(芸能プロ関係者)

 '16年に『さらば あぶない刑事』で、シリーズが完結。作中では、舘ひろし演じる“タカ”と柴田恭兵演じる“ユージ”も定年退職を迎えた。

「いつまでも渋くカッコいい印象の舘さんは『あぶ刑事』スタッフたちから“ハズキルーペ”と呼ばれ、からかわれるほどです。今回の“ダサい高齢者”役は新境地。不安もあったそうですが、柴田さんにコメディーの演技や役作りについて教えてもらったおかげでやり遂げられたそうですよ」(同・芸能プロ関係者)

 一方、8月に67歳を迎えるその柴田の姿はスクリーンではなく、意外な場所にあった。明治神宮外苑の一角にある軟式野球場。この草野球場こそ、柴田の現在の活躍の場なのだという。

最近はとにかく草野球をよくしているようです。以前は映画会社のチームに参加したりしていましたが、最近はもっと本格的なチームでやりたいといって、強豪チームに顔を出しているそうです。マネージャーも柴田さんが野球ばかりしているので、“柴田に仕事をさせてください”と各所に電話したりしていますね(笑)」(柴田の知人)

 6月中旬、早朝8時に記者が球場を訪れると、そこにはハードボイルドな黒いユニフォームに身を包んだ柴田の姿があった。この日、3番セカンドで先発出場した柴田は、まさにチームの主力選手。