みやぞん

 毎夏恒例の日本テレビ系『24時間テレビ 愛は地球を救う』(8月25日・26日)のチャリティーランナーは、史上初のトライアスロン形式となり、お笑いコンビ『ANZEN漫才』のみやぞん(33)が大役を務めることが発表された。その練習も、本格化してきているという。

 スイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(長距離走)という『24時間テレビ』史上、最も過酷な企画に挑むわけだが、チャリティーランナー発表時、みやぞんは『世界の果てまでイッテQ!』ロケで、滞在中のエチオピアからの中継で会見。

 気温45度の酷暑の中、走るダチョウを背にして「『僕じゃない』と思っていたので真っ白になりました。不安はありますが自信をつけていきたい。やるぞー!」と抱負を語り、相方・あらぽん(32)に「レース中、近くにいてほしい」とリクエストしていた。

地元愛が強すぎて……

 東京・足立区の都立高校の野球部で、エース投手だったみやぞんは「練習で荒川区から横浜まで(約40キロ)走ったことがある」と走力には自信をみせていたが、水泳については20代の頃にプール監視員の経験があるくらいで「最近はあまり泳いでいない。自転車は、近所のスーパーに行く時に週1~2で乗るぐらい」というレベルだと話す。

 ハードな海外ロケの合間を縫って水泳と自転車、マラソンの練習を最近こなしているという。

 日本テレビの吉無田剛・総合プロデューサーは、トライアスロン企画に決めた理由は、みやぞんの並外れた身体能力を見込んだと語り、

「鉄人レースと言われるトライアスロンに、超人のみやぞんが立ち向かう姿を見ていただきたい」と期待する。