大杉漣さん

「日本から持参された写真をピッチに向けて掲げたり、本当に一緒に見たかったんだな、と感じましたね」(コロンビア戦を現地観戦したファン)

 サッカー好きとして知られ、サッカー番組のMCも務め、また54歳の今でも熱心にボールを蹴っている勝村政信。コロンビア戦を観戦した彼が掲げていた写真は、2月に亡くなった大杉漣さんのものだった。

「勝村さんと大杉さんは、ともにサッカー好きとして仲よくなったそう。写真は大杉さんの息子さんから借りたようですね」(芸能プロ関係者)

 ワールドカップは、サッカーファンにとって、国を問わず交流できることが楽しみのひとつ。

「勝村さん一行もさまざまなファンと写真を撮っていましたね。そのときも大杉さんの写真を出して一緒に写っていました。サッカー観戦が大好きだった大杉さんにワールドカップを楽しんでもらいたかったんだと思います」(前出・観戦したファン)

 自身の地元・徳島のチームであるJリーグ2部の『徳島ヴォルティス』のサポーターとしてサッカーファンに知られていた大杉さん。亡くなってしまった今でもそのサッカー愛は語られ、それは今大会でも変わらなかった。

《漣さん、きっとロシアの雲の上から見てるよ》

《いまはロシアだけど、きっと来週は鳴門におるよ》

 など、ネット上には愛のあるコメントが相次いだ(コロンビア戦の翌週、徳島は鳴門で試合があったため)。