右から朱美容疑者、父親、聖光さん(読者提供)

 弟を練炭自殺に見せかけて殺害した疑いで6月20日に大阪府警に逮捕された足立朱美容疑者(44)には、“偽装の前科”がある。

「2006年8月に、離婚でもめていた郵便局員の元夫の定期入れに大麻を入れ、警察に逮捕されるように偽装したのです」(民放報道局記者)

 子どもの親権を自分のものにするという身勝手な欲望を満たすために、平気で罪をなすりつけることができる人間性。それが朱美容疑者にはある。

防犯カメラの映像が決め手に

 今年3月、弟の足立聖光さん(40)が、実家のトイレで死亡しているのが発見された。ドアは接着剤で目張りされ、その中で練炭がたかれた形跡があった。

 パソコンで書かれた遺書が見つかったことから府警は自殺として処理を進めていたが、聖光さんの妻の強い訴えに従い司法解剖した。その結果、遺体から睡眠導入剤の成分が検出された。自殺が一転、偽装殺人の様相を帯びてきたが、決定的な証拠がない。

事件現場の実家兼事務所

 墓穴を掘ったのは、朱美容疑者が行ったとされるバレバレの“偽装ミス”だった。

 4月末、聖光さんの自宅周辺で、不審な怪文書がばらまかれた。内容は、義妹とその不倫相手が共謀し弟を追い込んだというもの。ガレージに止めてあった車にはスプレーでいたずらがされた。その形跡は、今も残ったままだ。

 大阪府警は5月、名誉毀損容疑などで朱美容疑者宅を家宅捜索した。近隣の防犯カメラに、朱美容疑者と思われる女の姿が映っていたことが決め手になった。

「封筒に入った中傷ビラ、パソコン、器物破損に使用されたと思われるラッカースプレーを押収しています。パソコンには、遺書を作成した痕跡がありました」(捜査関係者)

 トイレのドアを目張りした接着剤はトイレの外で発見され、遺体から検出された睡眠薬と同じものが、朱美容疑者の自宅から見つかっている。状況証拠は朱美容疑者の関与を物語る。

 2年ほど前まで、朱美容疑者と交際していたという元カレに接触することができた。

「99%無実だと思っています。彼女の人柄からも信じられない。お金に困っていたとも思えない」

 と、首をひねりながら元カレは続ける。