※写真はイメージです

『週刊女性』の短期集中連載「動物虐待を許さない!」、第3回では、民家から白骨化した犬の頭蓋骨などが22点も見つかったという、おぞましき事件を追う。悲劇の幕はいかにして開かれてしまったのか──。

〈連載の過去記事はこちら〉
動物虐待、荒んだ現状に犬猫1700匹を救った女性が喝「エサだけあげる人は加害者」
虐待受け全身血だらけ、ふらふらの猫「ぶさお」がそれでも人間とつないだ絆

20数匹が犠牲に

「以前は窓も開けられず、閉め切ったままでずっとエアコンをかけるしかなかった。犬の糞尿のにおいが強烈でベランダに洗濯物を干すとにおいが移るほど。鳴き声もすごかった。多くの周辺住民が苦情を訴えていたけど、まさか室内からそんなに犬の白骨死体が見つかるなんて……」

 と愛犬を散歩させていた近所の主婦は眉をひそめた。

 岐阜県警大垣署が住所不定のアルバイトの男性(69)を逮捕したのは今年4月11日のこと。かつて自宅としていた同県大垣市内の木造2階建て家屋に飼い犬を閉じ込め、エサや水を与えず、糞尿の掃除などもしなかったとして動物愛護法と県動物愛護条例に違反した疑い。いわゆる多頭飼育崩壊の末路だった。

 大垣簡易裁判所は6月6日、検察の求刑どおり罰金10万円の有罪判決を言い渡した。

 きっかけは、今年2月14日に西濃保健所が立ち入り検査をしようとしたところ、男性が拒否したことだった。通報を受けて翌15日に大垣署が同保健所職員を伴って家宅捜索に入った。同保健所を管轄する岐阜県生活衛生課は、

「保健所は周辺住民の苦情を受け、何度もお宅を訪ねるなど対応をとってきました。6年前には狂犬病の注射や掃除、避妊・去勢手術を行政指導しています。昨年11月には犬6匹が外に出ていたので男性に所有権を放棄させて捕獲・保護しました。ほかに20数匹いたことも確認しています

 と、事件を振り返る。