左から、吉田鋼太郎、田中圭、林遣都

《おっさんずラブ終わってから3週間にもなろうとしているのに土曜日の22時過ぎると、そろそろテレビの前に座る用意しなきゃな(そわそわ)って気分になってしまう》

 土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の最終回が放送されたのは、6月2日のこと。直後のSNS上には、多くの人が最終回の感想や、寂しさを綴っていた。

誰も彼もみな、“おっさんずロス”

「東山紀之さんや、綾野剛さんもこの番組の大ファン。東山さんは“映像が出たらすぐ買います!”と宣言し、綾野さんは撮影現場で、前週のポイントについて語っていたそうです」(芸能プロ関係者)

 芸能人も取り憑かれてやまないドラマだが、最終回から1か月以上が経過しても、世の中には、“おっさんずロス”を引きずる人がたくさんいる。

ドラマ公式ガイドブックは7月下旬に刊行される

「放送が終了しているにもかかわらず、公式ガイドブックが7月下旬に発売されます。フルカラー96ページでインタビューや撮り下ろし写真が掲載されるそう。早くもAmazonでは予約が開始され、ランキングの上位に入っています」(テレビ誌ライター)

 『おっさんずラブ』は、田中圭演じるまったくモテない33歳のおっさんこと春田創一に突然、モテ期が訪れるというストーリー。しかし、その相手は乙女心を隠し持った吉田鋼太郎演じる上司の黒澤武蔵と、林遣都演じるドSな後輩の牧凌太という男性2人だったのだ。

 当初は男性同士の恋模様ということで、一部のBL好きな女性に人気が出るのかと思いきや、時がたつにつれ、BL好きでない女性たちもこの波に乗っていった。

男性だけが恋愛模様の駒となることで、逆に“違和感”を感じなかったのかもしれません。もし、綾瀬はるかさんのようにキレイな女優さんがヒロインだとすると、自己投影しがたいですよね(笑)。ほかの部分を見ずに“人を愛すること”だけを考えることができたのだと思います

 こう語るのは『TVオトナの視聴』などの著書があるライターの吉田潮さん。世の女性たちの心をつかんだ理由はこれだけではないようで……。

「恋愛ドラマはもうダメだと言われていましたが、どこかではみんな求めていたのだと思います。このドラマは本当にしっかりとした“王道の純愛ドラマ”だったので、女性にウケたのでしょう。男性だけで演じたことで、よりリアルに感じることができたのかもしれませんね」(吉田さん)