マキさん 撮影/吉岡竜紀

 それまでの陽気がウソのような肌寒い6月の午後、東京・新宿二丁目にあるイベント会場は、開場前にもかかわらず人いきれで熱気を帯びていた。観客のお目当ては、日曜日の午後に流れる長寿ドキュメンタリー番組でおなじみのマキさんだ。

 その番組内でマキさんが、男装のレズビアンであるジョンさんと自身を「私たち、オカマとオナベの逆転夫婦です」と語るように、マキさんは早稲田大学在学中から伝説の六本木のゲイクラブ『プティ・シャトー』で働き、“現役早大生ゲイボーイ”として注目を集めてきた。

ジョンさんとは「お互いに一生独身だと思っていた」

 その後、フリーとなったマキさんは東京と地方を行き来するなかでジョンさんと出会う。当時、群馬県・前橋でスナックを経営していたジョンさんは、群馬に降臨したマキさんの洗練されたショーに魅せられた。

 意気投合した2人は、ほどなくして同じマンションの隣同士に住む。その後、ノンセックス、同性との恋愛は自由、隠しごとはいっさいせずすべてオープンにするという3つの誓いのもとに結婚。来年、銀婚式を迎える。

仲睦まじいジョンさんとマキさん(上は2004年撮影、下は2017年撮影)

「私たちが知り合ったのはまだ昭和だったので、同性パートナーシップ条例などもなく、セクシュアルマイノリティー同士が家族になるには、養子縁組という形しか認められていませんでした。

 でも、考えてみたら戸籍上の私は男だし、ジョンは女。ジョンには跡取りになる2人の弟がいたのと、ウチが女系家族で私がやっと生まれた男の子だったこともあって、ジョンに嫁に入ってもらう形で結婚したんです

 旧家に生まれたマキさんは、20代前半で勘当状態のまま実家を離れていたが、結婚したことで勘当が許されたという。

 そして今、社会では性別や属性ではなく、個々としての人となりを見ようという動きが広がりつつある。その源流には、いち早く友情結婚という選択をした2人が、その生きざまを公言し、さらけ出してきた部分もあるだろう。

「結婚当初はお互いに一生独身だと思っていた似た者同士でした。けれど、24年の結婚生活を経た今、パートナーというのは精神的な絆が大切だとしみじみ感じています。

 年をとったから余計に感じるのかもしれませんが、2人いれば喜びは2倍になるし、悲しみは半分ずつに分けあうことができますから」