CODE-V(左上から時計回りに)ソル、サンウ、ルイ、ナロ、テフン 撮影/廣瀬靖士

 途中、メンバーの兵役がありながらも活動を続けてきたCODE-Vが、活動7年目を迎えた5月、年内での解散を発表! 5人に緊急取材を行いました。完全撮り下ろし&インタビューです。

――5月30日のイベントでは、サンウさんが代表として手紙を読み、解散を発表されました。

サンウ「ついにこのときが来てしまったな、という気持ちでした。ファンのみなさんを前にしたら、なかなか “解散”っていう2文字が口から出てこなかったです

ルイ「発表の数日前に解散を決めてから、心の準備をしていました。僕はもちろんメンバーも、その日にお伝えするとわかっていましたが、発表する瞬間まで“ウソだろ”って気持ちもどこかにありましたね

ソル「日本デビュー7周年の記念日でもあったので複雑で……。しかも、その日はめちゃめちゃ雨も降っていて、雨の中、応援に来てくれたみなさんには申し訳なかったです。でも、決めたからには、できるだけ早く伝えたほうがいいんじゃないかって」

ナロ「そうですね。CODE-Vという形で、できるだけ多くのみなさんに感謝の気持ちを伝えていこうってメンバーと話したんです。僕らの関係が悪くなったとかじゃないですよ! お互いにこれから先の道を応援しようって、前向きな気持ちで決めたことです」

テフン「もちろん寂しい気持ちもありますが、本当にネガティブな感じではないです。残りの半年間、今までみなさんからいただいた愛を、恩返ししていけたらなと思います

――前向きな決断ということで安心しました。シングル『大好きで大嫌い』ファンクラブ限定盤の企画で、5人で初めて旅行に行ったそうですね。

ソル「そうなんです! 以前から“毎月どこか遊びに行こうよ”とは言っていたんですけど、なかなか実現できなくて。5人で行くのはこれが本当に初めてでした」

――その旅で新たに知ったメンバーの一面はありましたか?

5人「(即答で)ないですね」

ルイもう、付き合いも長いし、お互いのことはぜんぶ知ってるんです

サンウ「咳払いだけで、誰だかすぐわかります(笑)」

――嫌だなと思うところもあったり?

サンウ「その話題なら、今から4〜5時間くらい話せますけど大丈夫ですか?」

テフン「言い出したら終わらないですよ!」

ナロ話し始めちゃったら、きっと今日で解散になっちゃうんで(笑)

――(笑)。では、やめておきましょう。8月からは、全国ミニライブツアーが始まります。タイトルに『超初心』とありますが、みなさんにとって初心とは?

ナロ「初心はすごく大事だと思います。でも、僕にとっては正直それがプレッシャーでもありました。アーティストとして、お客さんに合わせるだけじゃなく、変化も大事にしていきたいから」

ソルナロは、人一倍、アーティストとしてのマインドが強いんです。僕たちの音楽をいつも引っ張ってくれたメンバーでもあるから。その情熱が、ナロにとっての初心なんじゃないかな」

ルイ「何を基準に、どんな言い方をすればいいのかわかりませんが……ファンの方に感謝する気持ちは変わりません。音楽に込めている感情も」

ソル「僕が思うCODE-Vの初心は、いつでもどこでも全力で歌うことだって思います。ゼロからスタートしたグループが、この長い時間、たくさんの人に愛してもらえるようになったのは、全力でやってきたからだと思うんです」

テフン僕にとっての初心は、いつも学ぼうとする姿勢! 自分のやることを楽しんで、好きになれることです」

――では最後に、これからCODE-Vというグループを好きになってくれる人たちに伝えたいことはありますか?

ナロ僕たち、期間限定です!(笑) そのぶん、たっぷりイベントがありますので、限られた時間にすべてを感じていただけるようなパフォーマンスをしたいと思います。ぜひファンになってください!」

ルイ「……寂しいな(笑)」

サンウ「新たにファンになってくださった方々も、もともと僕たちのファンでいてくださるみなさんのためにも、心をこめて歌っていきたいなと思います」