安西慎太郎 撮影/森田晃博

 2.5次元作品から演劇性のストレート作品まで、多くの舞台に出演。近年は主演作も多数の舞台俳優、安西慎太郎さんがこの夏主演するのは『舞台「野球」飛行機雲のホームラン』。太平洋戦争中の予科練学校に召集された少年たちの野球への思いを軸に、彼らの青春の夏の日々を描くオリジナルストーリーだ。主人公の少年を演じる安西さんが、今作について最初に思ったことは──。

僕らと変わらない青春があったと思う

戦争中の若者たちの話ではありますけど、西田大輔さんが書くなら悲しさやはかなさだけではなく、希望のある作品になるんだろうなって思いました。当時の彼らがどうやって死んでいったかではなく、どういうふうに生きていたかっていうことを描くんだろうなと。きっと恋もしたでしょうし、友達とバカみたいなこともしたでしょうし、今の僕らと変わらない青春があったと思うので、そういう幸せな時間をすごく大切にした作品になるんだと思います」

 野球を愛する若者たちを演じるキャストには、2.5次元をはじめとした舞台で活躍する人気若手俳優たちが顔をそろえている。

「ビジュアル撮影でキャスト全員が初めて顔を合わせたんですけど。一発目のつかみというか、その作品の現場がどんな感じになるのかは最初がけっこう重要だったりするんですが、いい意味ですごく男くさくなると思います。同世代ってこともあるんでしょうけど壁とかも全くなく、部活のような空気感でやれるんじゃないのかな。僕は主演をさせてもらいますけど、みんなを引っ張るというよりは、むしろ誰よりもがむしゃらにダサくありたい。誰よりも怒られてもいいでしょうし。そういう姿勢をみんな見てると思うので、とにかく泥臭くやっていきたいなと思っています。今回は題材が野球ですし」

 安西さんは、幼稚園から中学まで甲子園を目指していた本物の野球少年。今でも草野球をやる大の野球好きで、まさに今作はハマリ役といえる。

ビジュアル撮影のときに、共演する松田凌くんに“しんた、今日楽しそうだね。スチール撮影のとき、いつもそんなに笑ってたっけ”って言われて、びっくりしたんですけど(笑)。意識してなかったですけど、野球っていう言葉だけで自分がワクワクしたり、自分にとっていろんな思いが詰まってるスポーツなんだなというのは感じました。ほんとに野球っていいですよね。

 高校野球は特に大好きで、寝るときに試合の映像を流してBGMがわりに音だけ聴いてるんですよ。解説の人の声とか打球の音とかがすごく落ち着くんです。昨日は、今年の選抜の三重と大阪桐蔭の試合を流して寝ました(笑)」