斎藤工 撮影/伊藤和幸

「初めて北川(悦吏子)さんの作品に参加させていただいた、ドラマ『運命に、似た恋』という作品の打ち上げの際に、ご本人から “縁があったら(『半分、青い。』に)出ていただきたい”とおっしゃっていただけて。ただそのときは、朝ドラというブランドの大きさや、決して朝向きではない自分の顔面ということもあり(笑)、半分社交辞令としてとらえていました」

 連続テレビ小説『半分、青い。』に、売れない映画監督・元住吉祥平として出演する斎藤工(36)。『ゲゲゲの女房』以来、8年ぶりの朝ドラ出演! 役柄と同じく、自身も監督として活躍しているからこそ、感じるものは大きい。

僕がこれまでに見てきた、監督という職業の灰汁(あく)のような部分が、元住吉には投影されていると感じました。“監督”という響きは重厚ですが、実は日本の映画監督を取り巻く環境は、諸外国と比べても劣悪で。僕自身、映画を自分で撮らせていただく前は“どうして日本の映画監督たちは、才能もあるのに、学校の講師になってしまうんだろう”ってずっと思っていたんです」

 しかし、そこには“そうせざるをえない”理由がーー。

どれだけ映画がヒットしようが、現状のシステムでは、監督のもとにお金は、ほとんど入ってこないんです。だから、食べるため、次の作品を作るために、講師として教壇に立たれている方が多くいらっしゃって。元住吉を演じる中でも、日本の監督業界に対して僕が感じていた悲哀みたいなものが、自然と出てしまっていたように思います

 しかし初めて現場に来たとき、衝撃的なものを発見してしまったとか!?

少し早く着いてしまったので、リハーサルを見学していたら、休憩室で気絶したように永野さんが眠っていらして (笑)。朝ドラのヒロインが背負っているものは、すさまじいなと感じました。でも、そういった休息と加速を繰り返す彼女から発せられる、成分のようなものが圧倒的で。永野芽郁さんという、みずみずしく輝く、才能の塊のような女優さんとの出会いは僕にとって、とても衝撃的でした」

 今作では、間宮祥太朗演じる森山涼次を助監督として雇い、寝食をともにする仲だが、実際も……?

「間宮くんとは最近だと、ドラマ『BG~身辺警護人~』でもご一緒していて。もともと彼とは古い付き合いで、僕の監督作品も見てくれていたり、お互い映画好きだったり。だから、夫婦像にも共通する、阿吽(あうん)の呼吸のような2人の関係性は、彼とだから築けたと思います