左から佐藤流司、松本岳 撮影/伊藤和幸 スタイリスト/浜元理恵(佐藤さん) 衣装協力/elements,H(佐藤さん、トップス2点)

 舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」連載。

 第37回は佐藤流司さんが松本岳さんを指名! 『週刊女性』本誌(2018年7月17日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

友情を深めたのは
ロケバスでのモンスト

――今年、ドラマ&舞台版『御茶ノ水ロック』で初共演したおふたりですが、友情を深めたのは?

佐藤 モンスト(モンスターストライク)。

松本 うん、モンストもデカいな。ずっとやってたもんな(笑)。

佐藤 ロケバスで、ずっと二人で、携帯でゲームしてたんです。台本を読むかゲーム! 最初は、がっくんと俺しかやってなかったんですけど、(『御茶ノ水ロック』のバンド、ダイダラボッチのメンバー)前山(剛史)くんと(宮城)紘大にも始めさせて。

松本 強制的に(笑)。

佐藤 結局、メンバー全員でモンストやってました。

――『お茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-』では、キャストによる吹き替えなしの生演奏に挑戦されて話題になりましたけど、大変だったことは?

松本 ボーカル役の流司以外のメンバー3人で舞台稽古(けいこ)終わりに練習しました。俺はベースは経験なかったので苦労したけど、なんだかんだ楽しくできました。

――音楽活動もされてる佐藤さんから見て、松本さんのベースの腕前は?

佐藤 うまくはないですよ(笑)。でも上達はめちゃくちゃ早かったですね。

松本 いや~ありがとう。頑張ったから。

佐藤 ほんと、頑張ってたよね。あの短い稽古期間であそこまで弾けるようになるって、けっこう異例のペースだと思いますね。

――舞台で最初に、お客さまの前で演奏したときは緊張しましたか?

松本 俺はめっちゃ緊張しましたね。

佐藤 芝居するのと違うからね。

松本 そう、芝居がお休みでしたね。

佐藤 おいおい、本業、本業(笑)。

松本 しかも舞台の始まりが演奏からだったんで、より緊張しました。手が震えましたし、脚も震えましたし、全部震えた。