砂川啓介さん

「当日は、砂川さんの60年来の友人の毒蝮三太夫さんをはじめ、十朱幸代さんや、勝呂誉さん、ささきいさおさんなど、総勢180人が参加していて、生前いかに彼が多くの人に親しまれていたかがわかりましたね。ただ、妻の大山のぶ代さんは欠席していましたよ」(法要の参加者)

 7月上旬、雲ひとつない晴天に恵まれたこの日、昨年7月11日に尿管がんでこの世を去った砂川啓介さんの一周忌法要が行われた。会場となった都内の斎場には生前、彼と付き合いのあった人たちが一堂に会した。

法要が行われた都内の斎場には、砂川さんの本名で看板が立てられていた

 砂川さんと30年以上、苦楽をともにしたマネージャーの小林明子氏が当日の様子を説明する。

「今回集まっていただいた方々は生前、砂川が行っていたライブに来られていた方たちが中心です。みなさまから“お別れの会をやってほしい”という要望が多かったので、毒蝮さんに弔辞を読んでもらい一周忌法要という形をとることにしたんです。喪主は妻の大山のぶ代とさせていただきました」

 '64年に、元祖『ドラえもん』の声優を務めた大山と結婚した砂川さん。ふたりはおしどり夫婦として知られていたが、'15年に砂川さんが大山が認知症であることを公表し話題を呼んだ。

「砂川さんは'13年に胃がんの摘出手術を受けましたが、'15年に尿菅がんが発覚。その後も、あまり体調が芳しくありませんでした。ただ、ふたりの間に子どもがいなかったため、砂川さんは病と闘いながら大山さんの介護をしなければなりませんでした」(スポーツ紙記者)