桂歌丸さん

 50年にわたり、演芸番組『笑点』に出演していた国民的落語家、桂歌丸さんが7月2日に亡くなった。

「小学生のときに教壇で落語をし、そのころから落語家になると決めていたそうです。中学3年生のときに5代目古今亭今輔に入門。'66年に笑点の前身となる『金曜夜席』のレギュラーになったんです。'68年に真打に昇進し、そのころからやっと落語だけで食べられるようになったそうですよ」(スポーツ紙記者)

1日50本のヘビースモーカー

 そんな歌丸さんの死因は慢性閉塞性肺疾患(COPD)。

「歌丸さんは'09年に肺気腫を患い、'17年正月にも肺炎になり入院。そのころから日常生活でも酸素ボンベを携えるようになりました」

 そう明かすのは演芸関係者。歩くことのつらさを如実に示すエピソードがあると続ける。

「現在『笑点』の司会を務める春風亭昇太は画面の右側から登場し、回答者の後ろを歩き、画面左にある司会者の席に座っています。歌丸さんも当初はそうでした。

 ただ肺を患ってからは、その距離を歩くだけでも息が切れてしまう。司会を降板するしばらく前から、歌丸さんは画面左のふすまから出てそのまま司会者席に座るようになりました

 '09年に肺気腫になるまで、歌丸さんは超がつくほどのヘビースモーカーだったという。

「缶ピースを1日に1缶ほど。本数にすると少なくとも50本です。師匠のかばんの中の缶ピースの在庫を切らさないことが、入門したての弟子が最初に覚える仕事でした」(寄席関係者)

 歌丸さんの病因であるCOPDについて、日本医科大学呼吸ケア・クリニック所長の木田厚瑞先生は、

「タバコの煙を主とする有害物質を長期間にわたり吸い込むことで生じる肺の炎症疾患です。喫煙者の15~20%が発症するといわれています」

 と解説する。'20年には世界の死亡原因の3位になるといわれている深刻な疾患で、日本には約660万人の潜在患者がいるとされている。