池田麻里奈さん

 自身も不妊治療、流産、死産を経験し、当事者として患者に寄り添う不妊カウンセラーとして活躍する池田麻里奈さん(43)。不妊治療における苦悩の日々を振り返ってもらうとともに、同じ悩みをもつ方々へのアドバイスも伺った。

周囲からのプレッシャーに追い詰められていく

「命にまつわることは、どんなに努力をしてもかなわないことがある。努力をして成果が出るというものでもない。でも不妊治療は、誰もが努力すれば……って思ってしまいがち」

 不妊カウンセラーの池田麻里奈さんは、大学生や医療者向けのセミナーで、自身の体験を通して当事者の気持ちを語っている。

「私は30代で苦しみましたが、少子化になっている現代の若者たちもまた、親だけでなく国から“早く産め”とプレッシャーをかけられている。だからこそ、どんな生き方でもいいんだよ、と伝えています」

 池田さんが不妊治療を始めたのは結婚2年目の30歳のとき。ところが一向に子どもができる気配がない。

 周りはどんどん妊娠し、出産ラッシュに。焦りや不安にさいなまれ、子どもができないことで心理的にジリジリと追い詰められていく……。

「そのモヤモヤした気持ちの正体が知りたくて、当事者を対象とする不妊ピアカウンセラー養成講座に通いました」

 自分を見つめることは苦しくもあったけれど、学ぶ内容のすべてが自分にかかわること。何がつらいのかもわからなかったのに、ひもといていく感じが興味深く、気持ちが軽くなっていったという。