藤井隆 撮影/森田晃博

 コメディーにもいろいろなタイプの作品があるけれど、フランスの劇作家、ヤスミナ・レザさんが得意とするのは知的でシニカルな大人の悲喜劇。『大人のけんかが終わるまで』で5人の登場人物のひとりを演じる藤井隆さんにとっては、今まで経験してきた吉本新喜劇や三谷幸喜さんのコメディーとは、まるで違う世界かもしれない。

苦戦していますが、本番が楽しみです

作品の紹介文には“シニカルな大人のコメディー”と書いてあるんですけど“アハハハハ!”って大笑いするようなものではないんですよね。翻訳ものですし、設定がフランスのものなので、生活とか家庭、夫婦や恋人に対する価値観も日本人とは違うから、サッと共感しにくいところもあって。苦戦中です。すみません。当たり前ですが、本番までには仕上げます!

 物語は破局寸前の不倫カップル、アンドレア(鈴木京香さん)とボリス(北村有起哉さん)が、レストランで偶然、知り合いと出くわしたことで動きだす。ボリスの妻の友人、フランソワーズ(板谷由夏さん)とその内縁の夫、エリック(藤井さん)、認知症になりかけているエリックの母、イヴォンヌ(麻実れいさん)だ。ひょんなことからテーブルをともにすることになった5人の間に、不協和音が鳴り響く。

「私が演じるエリックは、鈍感なところもありますけど、まじめな人。でも“家族のためを思って”とか“みんなが楽になればいいと思って”と自ら言っちゃう人で(笑)。本当にできた人だったら言わないですよね!

 きっとひとりっ子で、お母さんとすごく親密な関係にあって。母の誕生日を、妻が選んでくれたレストランで過ごそうとしているというのはすごく幸せなことだと思うんですよ。なのに、そこでたまたま妻の友人の夫とその不倫相手に出会ってしまったことで、巻き込まれてしまうんです」

 稽古場で演じてみて、発見はありましたか?

「それはもちろんあるんですけど、結局、お客様の前でやらせていただかないと本当のことはわからないと思うんです。喜劇だと特に、お客様に教えていただくことが多いので。けっして安くはないチケット代を払って来てくださったお客様が笑ってくださる、拍手をくださる、反応してくださることで初めて、お稽古場ではずーっとわからなかったセリフが自分のものになったりする。そういう経験をしてきていますので、お客様に見ていただいてどうなるか。本番が楽しみですね」