遺棄現場近くでエサを食べる猫。地域のボランティアが不妊手術をしたり、エサをあげて共生している

『週刊女性』の短期集中連載「動物虐待を許さない!」、最終回となる第4回で取り上げるのは、千葉県の狭いエリアで相次ぐ猫の惨殺死体遺棄事件。身体の一部が見つからない、皮がペロ〜ンと剥がれている、内臓が飛び出ている……。むごすぎる仕打ちはいったい誰が、なんのためにーー。

〈連載の過去記事はこちら〉
動物虐待、荒んだ現状に犬猫1700匹を救った女性が喝「エサだけあげる人は加害者」
虐待受け全身血だらけ、ふらふらの猫「ぶさお」がそれでも人間とつないだ絆
犬22匹の白骨死体と糞尿まみれの“虐待ハウス”、ご主人さまの次なる狙いは

ウジがわいた三毛猫の皮が……

「えっ、また近くで似たような猫の虐殺事件が起きたんですか? 恐ろしいというか、怖いですよ」

 と女性は声を震わせた。

 今年5月6日、千葉県船橋市本中山のマンションの敷地内で三毛の子猫の頭部を発見した女性である。近くのアパート敷地でも同日、頭部がなく内臓が飛び出たグレーの子猫と、尻尾を切断されたグレーの子猫の死体が見つかっている。この2件計3体の遺棄事件は、千葉県警船橋署が捜査に当たっている。

 ほかにも、同市と、隣の市川市の狭い範囲内で1年以内に少なくとも4件の類似事件が起きていることを週刊女性6月5日号(5月22日発売)で報じた。その記事が出た6日後のこと……。

 先の船橋市のマンションから約キロ離れた市川市大洲の住宅街で5月28日午後5時半ごろ、民家の主婦が、自宅の庭の隅でとてつもなく奇異な猫の死体を見つけた。

三毛猫の皮を剥いだ毛皮だけが、平たくペタッと貼りつけられていたんです。すでに乾いていたけれど、ウジがわいていました。血はまったく出ていませんでした。

 私たち家族は数日前から旅行に出かけていましたので、庭の隅は1週間ほど見ていなかったから、その間の夜間にでも遺棄したんでしょう。毛皮は、頭と手足の部分がありませんでした」(第一発見者の主婦)

 大きさはA4用紙2枚ぐらい。大人の猫とみられ、一部に背骨のようなものがついていた。主婦は手袋をして、新聞紙を幾重にも重ねておそるおそる、その皮をつかみ、くるんでおいたという。