※写真はイメージです

 稀代の毒婦か、冤罪の被害者か――殺人の容疑者として逮捕された女が残した膨大なメモ書きの衝撃中身!

事の発端は……

 今年3月に大阪府堺市の会社経営者・足立聖光さん(40)が、トイレで練炭を燃やし、死亡しているのが発見される。警察は自殺と判断したが、その後の捜査で、聖光さんの姉で会社経営者の足立朱美容疑者(44)を6月20日に殺人容疑で逮捕する。

 朱美容疑者には、睡眠薬で聖光さんをこん睡させ、トイレに運んで練炭自殺を偽装した容疑がかけられている。また、糖尿病だった朱美容疑者の父は、今年1月に朱美容疑者に甘酒を飲まされた直後、昏倒して病院に搬送され、6月28日に死亡している。

衝撃の「遺書」の中身とは

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

〈はめられてる人間、そりゃ捜査したらなんぼでも出てくるわ。はめてんやから(笑) えん罪。えん罪。誤認たいほで、人生うばわれるなら、見せしめに死んだるよ〉(足立朱美容疑者が書いた「遺書」と題する手記より引用※原文ママ=以下同)

 6月20日に実弟を殺害した容疑で逮捕された大阪・堺市の足立朱美容疑者(44)。事件の概要は上記を参照してほしいが、彼女は逮捕される直前まで、克明な日記や膨大なメモ書きを綴っていた。

 その一部は、『週刊新潮』7月5日号でも紹介されているが、本誌は、さらに詳細な手記を入手。今回、その衝撃の中身を紹介したい。

 実はこれら手記全体に目を通すと、驚くべきことに気がつく。冒頭のように、朱美容疑者が一貫して冤罪を主張しているのだ。手記では、次のように一方的に自分の身を守りたい思いもあるのか、疑惑の主張をしている。「弟の妻(義妹)と、会社経営者である弟が右腕として信頼していたXが共謀して、弟を死に追いやったと……」

 そして、「自分は“弟殺し”の犯人に仕立てあげられたんだ」と……。彼女が罪を逃れるため、嘘を言っている可能性も高く、真偽は未だ闇の中だ。