左から松本岳、木戸邑弥 撮影/廣瀬靖士

 舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」連載。

 第38回は松本岳さんが木戸邑弥さんを指名! 『週刊女性』本誌(2018年7月31日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

地元の友達と仕事場で会っちゃったみたいな感じ

――昨年の舞台『ジョーカー・ゲーム』で初共演して以来の仲良しだそうですが、普段の二人の関係性はどんな感じですか? 先輩後輩なのか、友達なのか?

木戸 僕のことは、“別に俺の先輩じゃないし”って思ってるころがあると思いますよ(笑)。

松本 いやいやいや(笑)。でもどっちかっていうと、邑弥くんは先輩というより友達のほうが近いかな。

木戸 今はそうだよね。くだらない、中身ない話もよくしてるし(笑)。二人だと芝居の話とかもほとんどしないしね。

松本 邑弥くんとそういう話をすると、くすぐったくなっちゃう(笑)。

木戸 照れ臭いというか。地元の友達と仕事の話ってしないし、なんか岳とは、地元の友達と仕事場で会っちゃったみたいな感じなんですよね。 

松本 うん、なんかね。そういえば、昨日も23区全部言えるかで、二人で盛り上がりましたよね(笑)。

木戸 アハハハハ! 最初は、稽古(けいこ)帰りの電車の中で暇だったから、僕が「東京23区全部言える?」って聞いたんですよ。

松本 そうそう。それでお互いバンバン出し合って。

木戸 それが、二人で13個くらいしか出なかったんですよ(笑)。

松本 だから、絶対に調べないでヒントなしに出していくっていうのを楽しんでました。

木戸 2日がかりで23区をやっと言えた(笑)。

松本 でも、それだけのことなのに盛り上がりましたね~。「何でそれ出てこないの俺ら」って。

木戸 うん。めっちゃ盛り上がったな~。でもいちばん盲点だったのはあれだよ。

松本木戸 千代田区!(笑)