「東大で首席になるような人は生まれつき頭のデキ=地頭が違う」と思っていませんか? 実はその地頭は勉強習慣でつくられるものだったんです。自然と伸びていく子どもが育つメソッドを「東大首席」で卒業した、山口真由さんに教えてもらいました。

子どもの勉強への取り組みは、親の腕の見せどころ

子どもをうまくのせてやる気にさせるには

「勉強しなさい!」「宿題を終わらせなさい!!」─毎日毎日、同じことを言わせる子どもにイライラ。テストではケアレスミスの多さにまたイライラ……。「この先もずっと叱り続けなければいけないの?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 でも、大丈夫。きちんとした習慣さえ身につけさせれば、“言われなくてもやる子”に育っていくのです。

「私は“勉強しなさい”といったことを、親から言われたことはありません。共働きで忙しかったこともあり、自分のことは自分でやるのが物心ついたときから当たり前で、勉強するのも受験するのも自分の意思で決めてきました。でも、振り返ってみると、うまく両親に誘導されていたと思います」(山口真由さん)

 ガミガミと叱るよりも、自分で決めさせることが大切。とはいえ放っておいても自発的に勉強を始めるわけではありません。自分で決めたように感じさせる。それこそが親の腕の見せどころなのです!

まずは親子で毎日の生活から見直しましょう!

規則正しい生活で勉強習慣を身につけさせる

「うちはとても規則正しい生活をしていました。そのため、勉強する時間も否応なく決まり、結果的によかったと思っています。起床、食事、就寝といった生活の時間割の中に家庭学習も組み込むことで、勉強も習慣になっていくからです。そのためには毎日同じリズムで規則正しく生活する必要があるのです」(山口さん)

 山口さんの家では就寝時間が遅くならないよう、夕飯は18時から18時半と決められていました。17時まで働いていたお母さまは前日の夜か当日の朝に夕食の下準備をすませていたそうです。

「日常生活のルーティンが身につくと、勉強など決めたことをやらないと違和感を覚えるようになってきます。これが習慣づけです」(山口さん)

時間がかかっても自分のことは自分でさせる

 規則正しい生活を送るためにも、また、将来の受検に備えるためにも健康な身体を維持することはとても大切です。

「例えば、寝るのが遅くなり睡眠不足になると、朝ご飯があまり食べられず、学校での集中力が続かないなど、不調は1日中続きます。規則正しい生活は健康な身体づくりの第一歩、睡眠は最低6~8時間はとり、早めに就寝するようにしましょう。そして、バランスのいい食事を心がけることも大切です」(山口さん)

 自発性を身につけさせるためには、自分のことは自分でやるようにすることも大切。

「勉強を教えていたころ感じたのは、とても過保護な親が多いということ。例えば、子ども本人はやるべきドリルがどこに置いてあるかさえわからず、親御さんが用意する。いつも親がかりで何かをするくせがつくと、自分で考える力が失われてしまいます。自分の生活まわりのことは自分でする。これを当たり前にしましょう」(山口さん)