※写真はイメージです

 なにかと華やかな女子アナ界に対し、堅実に業務をこなすイメージの強い男性アナウンサーたち。ただ、中には評判のかんばしくない人物もいるようだ。ここでは、各テレビ局の現場で働く関係者から寄せられた「嫌いな男性アナ」の声を集めてみよう。

スターきどり、態度急変にイラッ

 まずは日本テレビ。この局には、なんといっても“嫌われ者ツートップ”と呼ばれる、上重聡アナ(38)とラルフ鈴木アナ(44)がいる。

「二人に共通するのは“勘違い”ってとこですかね。どちらもスターきどりで、プライドが高い。まるで芸能人のようなふるまいで、周囲からは冷ややかな目で見られていますよ」(日テレ番組制作スタッフ)

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

 片や巨額の不正融資疑惑、片や六本木でタレント同席の未成年との飲み会と、彼らの起こした“不祥事”がサラリーマン離れしていたのも納得か。

 フジテレビで名前が挙がったのが、意外にも“キムタク”こと木村拓也アナ(27)。現在『プライムニュースイブニング』(フジテレビ系)に出演中で、3月まで放送されていた『みんなのニュース』(フジテレビ系)では、自ら人力車を引くお天気コーナーでお茶の間の人気者に。番組を見る限り、とても好青年に思えるが……。

「木村アナは、人の“上下”で態度がコロッと変わるんですよ。下請け(制作会社)のディレクターやADには冷たくそっけなくて、逆に局のお偉いさんなんかにはペコペコ。対応の差がかなり露骨なんですね。あまりに分かりやすすぎて、フジの同僚からも“アレはないよね”と総スカンらしいです」(番組制作会社関係者)

マザコンにドン引き……

 同じくフジテレビから名前が挙がったのはもう1人、榎並大二郎アナ(32)。レギュラー出演している『バイキング』(フジテレビ系)で、坂上忍(51)から“強烈ダメ出し”される姿はすっかりおなじみだ。

 ただ、「榎並さんはすごくいい人。人当たりも良いし、性格を悪く言う人はいません」(放送作家)というから、木村アナとは事情がちょっと異なる。

 人柄的に嫌われる要素がない榎並アナ。夏に起こった「ある事件」で評判を落とすことになったのだという。