高齢飼い主がペットと共倒れしないためには…(写真はイメージ)

「唯一の家族だった犬を自分のせいで殺してしまった──」

 後悔しながら旅立った80代男性。ひとり暮らしで身寄りがなかったため、体調悪化により介護施設への入所を余儀なくされた。一心同体だったミニチュア・ダックスフントは、里親が見つからず保健所行きに……。

 このような、飼い主の死亡、病気などを理由にしたペットの飼育放棄が今後さらに増加していくとみられている。

犬猫と離れられない高齢者の現実

 神奈川県横須賀市にある特別養護老人ホーム『さくらの里 山科』で、愛猫の“祐介”
(ゆうすけ、13歳)と暮らす澤田富與子(ふよこ)さん(73)。

 ペット同伴入居可能な同施設に入居して4年目だ。澤田さんと祐介の出会いは13年前にさかのぼる。

「この子、もう少しで川に投げ込まれるところだったの。生まれたばかりで目がまだ開いてないくらい小さかった」

 友人のもとへ向かう途中、高齢の女性が川に捨てようとしていたところを保護。以降、家族として寄り添いながら暮らしてきた。

 ところが、持病の脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)が悪化。立ち上がることすらも困難になった。

「立って歩けないから、室内の移動はお尻で這(は)ったり、ほふく前進するような感じ。買い物も料理もできないから、自分には、もう、ひとりで生活することは無理だなとわかっていました」

 横須賀市の職員からは居住型高齢者施設への入居を何度もすすめられたが、祐介との離別を示すその提案を澤田さんは断固として拒否した。

「そのころは毎日、“ゆう”と一緒に死のうと考えていました。この子をのこしていくくらいなら……って」

 精神的に追いつめられた澤田さんは、次第に食事をとれなくなり栄養失調に。自宅で倒れているところを近所の友人に発見され、入院となった。体重は30kgほどしかなかった。