『ハゲタカ』

 名門企業を次々と買収していくキレ者“ハゲタカ”を綾野剛が熱演。大胆な買収劇を仕掛ける主人公を演じるための役作りへのこだわり、撮影現場についてプロデューサーが大公開!

平成最後の夏、時代に思いを馳せるドラマを

 累計240万部突破の真山仁の同名小説をドラマ化。オリジナルエピソードを加え3部構成で描く。

 外資系投資ファンドを率い、名門企業を次々と買収する“平成のダークヒーロー”鷲津役は、同局連ドラ初主演の綾野剛。鷲津の部下を杉本哲太、光石研、池内博之、対立する銀行のエリートバンカーを渡部篤郎、取締役を小林薫、のちに鷲津の最大の敵へと成長していくホテルウーマンを沢尻エリカがそれぞれ演じる。

 原作愛読者の中川慎子プロデューサーは、制作の経緯についてこう語る。

「平成元年にファンドマネージャーになり、バブル、リーマンショックなどにも直面し、戦ってきたのが原作の鷲津です。フィクションの存在ではあるけれど、私にとって鷲津は“平成の寵児”。彼の生きざまを描いたドラマなら平成最後の夏、この時代に思いを馳せることができるのではないかと考えました」

 鷲津は外資系投資ファンドを率い、不良債権を抱えた銀行や負債のある名門企業を次々と買収、日本経済界に革命を起こしていく。

綾野さんにオファーしたのは冷徹な企業買収者の一面だけでなく、ユーモアがあったり、女性にモテたりする人間味の部分まで想起させてくれる方だと考えたからです」(中川P、以下同)

 オファーを快諾した綾野は、鷲津のビジュアルを考え、経済知識の習得や取材をして役作り。撮影開始時には、しっかりイメージが固まっていたという。地声より低めの声のトーンで鷲津がしゃべるのも綾野から提案されたそう。

撮影現場では綾野さんが1日24時間、本作に情熱を傾け、取り組んでくださっているのを体感します。その熱量が俳優陣、スタッフにも伝播して新たなチャレンジに飛び込もうと奮い立たせているという感じで、素晴らしい座長です」

 難解な経済用語も多いが綾野はじめセリフを完璧に自分のものにして芝居をする出演者ばかりで、台本の持ち込みはほぼないという。『相棒』シリーズを手がけた和泉聖治監督のもと撮影は快調に進んでいる。

綾野さんは、撮影が休みの日にも“撮影したい”と。休みたいと言われることはあっても、撮影したいというのは初めてです(笑)