カルーセル麻紀さん(写真右)とマダム信子会長 撮影/高梨俊浩

 すべてにおいてのレジェントであるカルーセル麻紀(75)さんと、スイーツ界のレジェンドを生み出したマダム信子会長(66)。姉妹にしか見えないふたりは、性格もそっくり!? パワフルなことこのうえないレジェンドたちがポンポンと繰り広げる会話は、まるで人生の栄養剤!

マダム信子(以下、信子) 麻紀姉(ねえ)!  会いたかったぁ〜! 相変わらずきれいやねえ。

カルーセル麻紀(以下、麻紀) もう、何言ってんの。近くで見ないでよ〜。いろいろやってるんだからさ。まあ(某有名人の)〇〇さんほどじゃないけどね(笑)。

信子 私たち、よくソックリだって言われるの。似てるでしょう?

麻紀 昔ね、信子が「ウチは大阪のカルーセル麻紀やー!」って、テレビで言ってるのをたまたま見たのよ。それが空き巣に入られて、3億円分の被害に遭ったっていうニュースでね(笑)。最初は「どこの誰よ!」と思ったんだけど、気になって「マダム信子って知ってる?」って聞いたら、みーんな知ってるわけ。それがもう8年くらい前かな。

信子 それからしばらくして、共通の知り合いのパーティーで偶然一緒になって。お互いを見つけるなり、何も言わずに抱き合ったよね(笑)。

麻紀 あのときは生き別れになった妹と再会したみたいな感じだったわよ〜。

信子 麻紀姉は、本当に人間ができてるの。1度、新宿二丁目のゲイバーを貸し切って、私の誕生日会を開いてくれたことがあってね。私のためにシャンソンを歌ってくれて……あまりに感動して、チップを払おうとしたんだけど、断固として受け取らなかった。

麻紀 当たり前じゃない! 主役がなんでお金を払うのよ。

信子 それまで付き合ってきた芸能人の中には、お金でつながろうとしてきた人もいたのよ。でも麻紀姉は違う。愛のある人。しかも、ヒョウ柄を日本に持ち込んでくれた!