かつてお家芸だったドラマから、復活の兆しが見えてきているフジテレビ

 7月26日の昼ごろに何げなくインターネットを開いたところ、Yahoo!のトップ画面に「フジの稲垣起用 芸能界に衝撃」(日刊ゲンダイ)というニュースを見つけました。

 その内容は、「昨年9月にジャニーズ事務所から独立して以降、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人は、民放地上波のテレビ番組にほとんど出演していなかったが、フジテレビが8月18日放送の『ほんとにあった怖い話 ー夏の特別編2018ー』に稲垣さんを起用すると発表した」というもの。

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 この情報自体は知っていましたし、「いやいや、出演と言ったって、本格的なドラマではないし、俳優としてではなく、例年どおりのストーリーテラーでしょ」と冷静に受け止めていました。

 そもそも3人の独立後も、今年2月に「欽ちゃん&香取慎吾の第95回全日本仮装大賞」(日本テレビ系)へ香取さんが出演するなど、民放地上波の番組への出演は初めてのケースではないのです。

 実際、27日に行われたフジテレビの定例会見で編成担当の石原隆取締役が、「もともと(稲垣さんに)レギュラーで出演いただいていた番組で、『これまでどおり』ということ」「その番組にとっていちばんいい形を選んだ」とコメントしていました。

 ただ、よくよく考えてみると、「もしかしたらこれは3人にとってきっかけの第一歩になるかもしれない」「フジテレビも逆境を覆す最大のチャンスかもしれない」ということに気づいたのです。

「独立から1年」という節目のタイミング

 前述したように、3人がジャニーズ事務所から独立したのは昨年9月。

 まもなく1年になることで、いわゆる芸能界独特な商慣習としても「そろそろ地上波の番組に出てもいい」と言われる節目のタイミングです。たとえば、「今、3人に番組改編期の秋や年末特番へのオファーをしても問題ない」ということになります。

 また、3人を見る世間の目は優しくなる一方。「育ててもらった以上の利益を長年ジャニーズ事務所にもたらしてきたはず」「40代になるまで独身のアイドルとして事務所に貢献してきたのだから、もう自由にしてあげてほしい」という見方が大半を占めているほか、独立後も明るく前向きに活動する姿を好意的に受け止めています。