坂口憲二

「最近、坂口憲二さんが九十九里の別荘に家族と一緒によく来ていますよ。近くの海岸でサーフィンをしたりしてお元気そうです」(近隣住民)

 3月31日に、無期限の芸能活動休止を発表し、5月末に所属事務所を退社した坂口。退社の理由は、国が指定する難病を患ったことだった。

'12年ごろから右股関節に痛みを感じ始め、'15年に難病の特発性大腿骨頭壊死症と診断され、手術をしました。3年間リハビリに努めてきましたが、完全回復には至らず、俳優活動を続けていくことは困難と判断したようです。

 そのため、一部では事実上の引退ではないかとささやかれていました」(スポーツ紙記者)

 しかし、体調は順調に回復しているようで、7月には、『女性自身』で元気に生活している様子が報道されていた。

 最近では、千葉県の九十九里にある別荘で生活しているという。

「もともと、サーフィンが好きでいろいろな海に行ったようですが、中でも九十九里はお気に入りみたいです。10年ほど前には、海の近くに別荘を建てていますよ」(前出・近隣住民)

 この別荘は2階建ての黒塗りの建物で、広い庭にはヤシの木が植えられていて、まるで南国リゾートのような雰囲気だ。別荘の近くには、彼の友人が経営するコーヒーショップがある。

 週刊女性は4月に、彼がそのお店でコーヒーの焙煎やグッズのデザインなど、新しい仕事を始めたことを報じている。最近も、その仕事は続けているようで、

「ほぼ毎週、土日になるとお店に来ているみたいですよ。平日は東京にいるようですが、土日は九十九里で過ごしているようです」(同・近隣住民)