新潟駅にほど近い、みかづき万代店

“イタリアン”といえば、パスタやピザなどのイタリア料理。しかし、新潟県民は……? ファストフード『みかづき』のオリジナル麺料理を思い浮かべるという。一体、どんなものなのか?

「モチモチとした太めの自家製中華麺に、キャベツともやしを特製ソースで炒め、粉チーズで味つけ。そして、特製のトマトソースをかけています。添えているのは紅ショウガではなく、白ショウガです」

 と話すのは、小林厚志営業部長。初めて食べてもどこか懐かしく、ホッとする味だ。

甘味処からイタリアン風へ

 みかづきは新潟県のみ、北部の下越地方を中心に22店舗を展開している。名物・イタリアンを筆頭に、たこやきやフライドポテト、ソフトクリームなどがメニューに並ぶ。新潟の老若男女が、肩ひじ張らずに過ごせるオアシスだ。

『イタリアン』340円。大盛りにして410円とリーズナブル

 創業は明治42年。三日月晴三会長の祖母が、新潟市随一の花街で甘味処を始めた。芸者や半玉(芸者見習い)に人気を博したという。それが、なぜイタリアンなるメニューを出すようになったのか?

 1959年、当時の主力商品はあんみつ、アズキアイス、関東煮(関東風おでん)などだったが、三日月社長(現会長)は軽食も出したいと考えていた。旧知の人物が営む東京・京橋の甘味喫茶に立ち寄ると、焼きそばを提供していた。

「“これだ!”と思ったそうです。“でも普通の焼きそばじゃ、おもっしょねぇ(おもしろくない)!”と洋風仕立てに。ラーメン1杯70円の時代に、イタリアンは1杯80円で販売を始めました」