7月下旬、ウォーキングに出るところを直撃するとまた“熱弁”をふるってくれた

「こんなこと言っちゃいけないけれど、(法律上は)正当なことを言う人の気持ちはねじ曲がっているなと思うけどね、俺は。だって、命だから」

 今年の3月初旬、自宅前でこう“熱弁”をふるってくれたのはタレントのモト冬樹。

 当時、週刊女性はブログでも公表していたスズメの“違法飼育”についての“真意”を聞くため、彼を直撃していた。

モトさんは、カラスに襲われていた子スズメを保護したあと、“チュンちゃん”と名づけ、8か月以上も飼育していたのです。しかし、『鳥獣保護管理法』では、野鳥を捕まえたり、一般家庭で飼育することは禁じられています。

 彼はこの法律に抵触する可能性があり、記事が出たあと、いくつかのテレビの情報番組などで紹介されたことで、ちょっとした“騒動”になったのです」(スポーツ紙記者)

 それからというもの、以前までは頻繁にブログに登場していた“チュンちゃん”は、ほとんど姿を見せなくなった。

“あのとき”の真相も話すモト

 7月下旬、現在もスズメを飼育しているのかを聞きに、ウォーキングをするため自宅から出てきたモトを再び直撃。

─現在もチュンちゃんと暮らしているのですか?

「もう、いないよ」

─いつごろに放されたのですか?

「いやいやもう、言いたくないんだよ。こんな問題になるとは思わなかったから。まだヒナだったから育てちゃったんだよね。俺だって普通のスズメだったら放してるよ。

 子どもだったから、そのままにして外で生きるのは無理じゃん。それがすごく抵抗があったんだよ。まあでも法律だから。納得いかないことはいっぱいあったけどしかたない