※写真はイメージです

『日刊大衆』では以前、現場で評判の悪い男性アナウンサーを紹介したが、実はまだまだ「嫌われ者アナ」は存在するようだ。前回の記事公開後、テレビ各局で働く関係者から、さらなる“悪評”が寄せられている。

フジテレビでブーイング続出の2人とは?

 まず、フジテレビの谷岡慎一アナ(31)だ。谷岡アナは、2017年にNHKの桑子真帆アナ(31)と結婚。人気アナ同士のさわやかカップルとして評判だったが、たった1年で電撃離婚している。

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

「彼はとにかく飲み会好き。若手を引き連れて、夜な夜な合コンばかりしているので、“谷岡合コン軍団”とまで呼ばれているほど。桑子アナとの離婚も“合コンのせいでは”なんて噂されていました。ただ、周囲との距離ができた決定的な理由は、やっぱりあの“生放送すっぽかし事件”ですね」(フジテレビで仕事をする放送作家)

 その事件は、7月5日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)で起こった。出演予定日だった谷岡アナがいつまでたっても現場に現れず、最終的に生田竜聖アナ(30)が急遽代役として出演したのだ。

「結局、谷岡アナがスタジオに現れたのは、放送終了後。局アナが番組に穴を開けるなんて前代未聞ですから、当然、大目玉を食らったそうです。

 実は、谷岡アナは離婚以来、酒びたりになっていて、この大遅刻の原因もやはり深酒。離婚後のあまりの傷心ぶりには、局内でも同情の声が多かったんですが、この事件以降は“離婚はかわいそうだけど、アレはないよね”と周囲の反応が一変してしまったようです」(前同)

 同じくフジテレビで、周囲の様子が一変してしまったのが藤井弘輝アナ(26)。彼は、元チェッカーズの藤井フミヤ(56)の長男で、鳴り物入りで2016年にフジテレビ入社。その半年後には、『めざましテレビ』(フジテレビ系)のレギュラーに抜擢された“次期エース候補”のはずだが……。

「藤井弘輝アナは、いわゆる“亀山案件”の一人なんです。亀山千広前社長(62)の肝入りで“コネ入社”して、『めざまし』抜擢も後ろ盾があってこそ。実力が高いわけでもなく、むしろ“へたすぎてヤバイ”と評価はさんざん。

 なので、亀山さんが失脚してしまった今では、彼の出番は目に見えて激減しています。急成長でもない限り、今後も誰も使わないでしょうね」(前同)

 アナウンサー界は“七光り”よりも実力重視、のようだ。