舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」連載。

 最終回となる第40回は川原一馬さんが塩田康平さんを指名! 『週刊女性』本誌(2018年9月4日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

写真左から川原一馬、塩田康平 撮影/廣瀬靖士

烏野のメンバーはケンカするほど仲がいい

――『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』シリーズ全作品に出演しているおふたりですが、印象深いことは?

塩田 初演のときから、稽古(けいこ)終わりにほぼ毎日、一緒にご飯食べてましたね。烏野のメンバー全員で行くことも結構あったし。

川原 うん、みんなホントに仲がいいですね。

塩田 初演のときは、言い合いもいっぱいしましたけどね(笑)。

川原 うん。康平は「これは違うだろう」ってときに、いちばん熱くなるタイプなので(笑)。

塩田 作品のためだと言っちゃうんですよね。で、ケンカが始まるっていう(笑)。

川原 初演は作品を一から作りあげるので不安もあったしね。みんな意見を言うタイプだから、烏野メンバーでディスカッションすることも多かったんですよ。

塩田 でも結果、めちゃくちゃ仲良くなりましたけど。

――特に二人の思い出ってありますか?

塩田 兵庫公演と大阪公演の間で、二人で旅行したよね。

川原 そうそう、大阪をひたすら街ブラするっていう。

塩田 服見たり、おいしいもの食べたり、お茶したり。

川原 ウィークリーマンションで、1DAYで借りられるところに泊まって。

塩田 一馬がロフトで僕が下で。

川原 同じ部屋にいるんだけど、3時間くらいお互い個々の時間を過ごして。しゃべらなくても、気を使わないで自然にいられる、数少ない存在だと思います。

塩田 あと、地方公演のときは、一馬と二人でご飯行くことが多かったかも。

川原 確かに。康平は朝も昼もしっかり食べるんですよ。

塩田 だから朝、一馬に電話して「食べに行こう!」って誘って。おいしいものを一人で食べても、おいしさが半減しちゃうんで(笑)。

川原 ハハハハハ!

塩田 気を使わないでいいから、一馬は誘いやすいんですよ。居心地いいというか。

川原 しゃべらなくても大丈夫だからね(笑)。