瀬戸康史 撮影/佐藤靖彦

婦人科は僕にとって未知の世界で、なんとなくポジティブなイメージを持っていました。でも、実際に今作で(産婦人科医を)演じてみると、影の部分が“当たり前だけど、あるよな”というのを改めて知り……。主人公のアオイちゃんのセリフにもありますが“いろいろな命の交差する場所”というのを身にしみて感じています」

 放送中のNHKドラマ10『透明なゆりかご』で、産婦人科の若き院長・由比を演じている瀬戸康史(30)。人工妊娠中絶や母体死亡など、命が生まれる喜びと同じだけ存在する、重く悲しい現実をありのまま描く本作で、爽やかなルックスの瀬戸の存在はある意味、視聴者の癒しのひとつかもしれない。

「アルバイトの看護助手・アオイちゃんの周囲の人たちは、ドラマのために(同名の)原作漫画をもとに肉づけされたキャラクター。漫画だと、院長の由比先生は色黒のおじさんなんです(笑)。患者さんや赤ちゃん、一緒に働く人と同じ目線に立つことができるのが由比先生。そして、誰に対しても真摯に接する人でもある。演じるうえで、それはすごく意識しています」

 劇中、赤ちゃんを取り上げるシーンがたびたびあるが、実際に新生児を抱いてみた感想は?

「リハーサルを精巧に動くロボットの赤ちゃんでしていて、十分にリアルを感じているつもりでした。でも、本物の赤ちゃんは全然違います! 重みが違うんです。命の重みというか。最初は怖かったんですが、いまはもうバッチリ。抱っこの仕方さえ覚えれば、そんなに臆病にならなくても大丈夫です」