ツイッターから火がついたSNS発オリジナルキャラクターが今、人気を集めている。漫画の書籍化だけでなく、キャラクターのグッズ化、企業とのコラボなど、その勢いは止まらない。魅力の背景に迫った。

今大人気のSNS発キャラクター「タヌキとキツネ」 (c)アタモト/フロンティアワークス

「可愛い!」「癒されるね〜」

 思い思いの感想を語りながら、笑顔でイラストに見入る、大勢の人々。池袋パルコ・パルコミュージアムで8月27日まで開催中の「タヌキとキツネ展〜タヌキ山にようこそ!〜」が大盛況だ。(8月31日〜9月10日まで広島パルコ・パルコファクトリーで開催)

『タヌキとキツネ』とは、ツイッターのフォロワーが60万人超の人気漫画家・アタモト氏が描く漫画。山で仲良く暮らすタヌキとキツネの日常を描いており、ツイッターで発表した漫画をまとめた書籍は4巻で累計72万部を突破する大ヒットとなっている。ツイッターで人気の漫画や描き下ろしイラストなどを展示したこの展示会は、4月〜5月に大阪で先行して行われ、1万2千人を動員。また現在、アサヒ飲料の「Welch’s」のキャンペーンキャラクターに『タヌキとキツネ』が起用され、注目を集めている。

『タヌキとキツネ』第1巻の表紙 ※記事の中の写真をクリックするとアマゾンの紹介ページにジャンプします

 丸いフォルムの姿は見ているだけでほっこりするが、人気の秘密はどこにあるのか? 書籍『タヌキとキツネ』(フロンティアワークス刊)の編集担当者に話を聞くと、

「一番は2匹の関係性ですね。タヌキとキツネはお互いのことが大好きなんですけど、キツネは素直じゃないのでタヌキにいじわるしちゃうんです。でも、そのいじわるがちょっとシュールでクスっと笑ってしまうような内容なのと、タヌキがそのいじわるに全く気づいてないところが可愛くて癒されるんだと思います」

 人気爆発のきっかけは、作者のアタモト氏がコミック1巻の表紙にもなっているカチカチ山を題材にした漫画をツイッターに公開したことだった。「“昔話”と“動物”という、どの年代の方にもなじみ深い設定が良かったのだと思います。あと、この面白さを誰かにおススメしたい! という気持ちを、すぐさまツイッターで共有できたのも人気が広がった理由ですね」と編集担当者は分析する。