内柴正人

「昨年末に出所して以来、柔術家として活動していた内柴さんですが、8月から中央アジアのキルギスで柔道男子チームの総監督に就任したと発表されました。事件以来、5年5ヶ月ぶりの柔道界復帰に注目が集まっていますよ」(スポーツ紙記者)

 '04年のアテネ、'08年の北京と2大会連続で金メダルを獲得した柔道界のスーパースターであった内柴正人。現役を引退した'10年からは地元・熊本にある九州看護福祉大の女子柔道部のコーチ(のちに客員教授)に就任したのだがーー。

'11年の合宿中に教え子だった10代の部員に多量の酒を飲ませ、性的暴行をしたとして、準強姦罪の容疑で逮捕されました。“あくまで合意の上だった”と裁判で主張し続けましたが、最高裁まで争いましたが5年の実刑判決が確定しました」(前出・スポーツ紙記者)

 この一件で、紫綬褒章や熊本県民栄誉賞特別賞など、これまで受けてきた数々の栄典は剥奪(はくだつ)、全日本柔道連盟から永久追放の処分も受けることに。

「元柔道家の女性と'02年に結婚、ふたりのお子さんと一緒に熊本に移り住んでから1年も経たないうちに逮捕され、離婚に至りました。いつか道場を建てたいと自宅の裏にあった土地も購入していたそうなのですが、夢に終わってしまいましたね」(近所の住人)

 そんな転落人生を辿った内柴を支え、出所後の道しるべを示したのが、神奈川県にある柔術道場『ALAVANCA』の代表・山田重孝氏だという。

「それまで面識はなかったそうなのですが、服役中に月に1度のペースで面会し、柔術を勧めたといいます。柔道界を追放されていた彼にとっては、まさに救い。仮保釈後は、熊本で働きながら神奈川の道場に通っていましたね」(道場関係者)

 人生は何が起こるかわからない。

 道場に通う練習生の知人にキルギスの元柔道家がいたという縁で、監督業のオファーがきたのだという。山田氏に話を聞いてみると、

キルギスに一緒に行き、柔道の練習に参加する姿をみたら、この男はやっぱり柔道の世界に返すべきだなと思いました。それに加えて指導力もあるんですよ。本人もずっと柔道で生きてきたんで、そちらの方向に行かせたくなりましたね。本人も“腹を決めてキルギスに行きます”と言っていました