容疑者の自宅アパートのベランダには、長男のものと思われる緑色の子供用の靴が置かれていた

 埼玉県草加市ーー。今年1月13日から14日にかけての、事件現場付近の最低気温は氷点下1・2度。暖房がなければ、家の中でも凍える厳しい寒さ。

 そんな状況下で、生後8か月の女児は、自宅トイレで約20時間にわたり放置された。

「着衣は紙オムツのみで、首元から下はビニール袋に入れられていました。スーパーのレジ袋のようなものです」

 そう話すのは捜査関係者。

左足の指先が青色に変色

 放置したのは、母親の無職・上久保明日香容疑者(24)。8月13日、保護責任者遺棄致傷の疑いで、埼玉県警草加署に逮捕された。

「ビニール袋に入れた理由は、おむつを交換しておらず、便や尿が床に漏れるのを防ぐためと供述しています」

 と同捜査関係者が明かす。

 女児は左右両足に、全治約3~6か月の凍傷を負っていたという。異変に気づいたのは、女児の祖母だった。

「1月15日に被疑者と子ども2人が、都内にある母(女児の祖母)宅を訪れ、祖母が女児の足の先が青色に変色しているのを見つけ119番通報した。救急搬送先の病院が情報提供し、発覚しました。

 搬送時には低体温症の状態で、栄養不良、意識障害を起こしていました」(同捜査関係者)

 変色していた女児の左足の親指と中指は、欠落……。さらに全身には約20か所の骨折があり、日常的に虐待が行われていた疑いで捜査が進められていた。

 埼玉県の上田清司知事は事件後の会見で、

「医療機関から昨年7月10日の時点で母親の挙動に関して難点ありというような通告が児童相談所に入っています。何か他人顔をしていたと。おやっ? という印象を受けた医師から児童相談所に連絡があって、要注意だというような判断から児童相談所と市が常に毎月1回、訪問する仕組みにした背景があったそうであります」

 などと、事実関係をつまびらかにした。